[PR]

 順天堂大の研究チームは、血液検査でパーキンソン病かどうかを診断する手法を開発した。2日、米神経学会誌に論文を発表した。チームは2年後の実用化を目指す。手足の震えなどの症状が出る前に発症するかがわかる可能性があり、治療薬の開発にもつながる成果という。

 パーキンソン病は高齢者に多い神経の難病。国内に…

この記事は有料会員記事です。残り537文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り537文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り537文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも