[PR]

 4日公示の参院選の立候補予定者に対し、憲法改正について尋ねたところ、自民党候補は賛成派が9割を超えたものの、公明党候補の賛成派は17%にとどまったことがわかった。安倍晋三首相(自民党総裁)が争点の一つに掲げる改憲で、与党間の温度差が鮮明になった。

 ▼4面=国会6年の変容、8・9面=各政党の公約…

この記事は有料会員記事です。残り945文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り945文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り945文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも