テキシア社詐欺、認否を留保

有料会員記事

[PR]

 投資関連会社「テキシアジャパンホールディングス」(千葉市)による投資詐欺事件で、詐欺などの罪に問われた実質的経営者の銅子(どうこ)正人被告(42)=大阪市=の初公判が2日、名古屋地裁(吉井隆平裁判長)であった。銅子被告の弁護人は起訴内容の認否を留保し検察側との間で証拠や争点の整理手続きをすることが…

この記事は有料会員記事です。残り6文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら