[PR]

 ■カステラ分け合う、笑顔の物語

 ぼくらの なまえは ぐりと ぐら――。

 6月中旬、東京都世田谷区の子育て支援施設で、元保育園長の星谷召子(しょうこ)さん(68)が2組の親子に「ぐりとぐら」を読み始めた。

 ふんわり大きなカステラを食べる場面で星谷さんが取り分けるしぐさをすると、2歳の男の子が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら