[PR]

 日本が満州事変を起こした1931年9月、武力によらずに紛争を収める国際連盟の常設国際司法裁判所(PCIJ)の所長は、日本人だった。外交官出身の安達峰一郎(あだちみねいちろう)(1869~1934)という。激動の時代に国際協調を求め、母国と世界とのはざまで思い悩んだ足跡を研究者たちが追い、現代的な意…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも