[PR]

 やさしい日本語は大災害のさなかに生まれた。

 1995年1月17日の阪神・淡路大震災。大勢の外国人が被災したが、言葉が壁になり、避難所や避難物資など生きていくために必要な情報が届かない。それに気づいた研究者たちが取り組んだ。

 中心メンバーだった弘前大学教授の佐藤和之さんは、今も学生たちと研究を続…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも