[PR]

 列車と船を乗り継ぎ、中国南西部の成都までたどり着いた緑郎たち。火の鳥調査隊は、様々な勢力に顔が利く芳子の尽力で、ここから飛行機を使いタクラマカン砂漠に近い大都市・ウルムチに向かうことに。5人は早朝の飛行場で中国国民党による政治犯の処刑に遭遇、素性を悟られぬようやりすごそうとするが、縛られていたのは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも