[PR]

 幸田露伴の『五重塔』を、昔から愛読している。名人気質の貧乏大工のっそり十兵衛が、朗円上人の知恵を得て、塔の建造に心魂を打ち込む。それをやさしく見守る川越の源太。この二人の雄々しい、職人魂の争闘の物語。

 落成式を前に大暴風雨となり、倒れるのではないかとまわりは騒ぐが、十兵衛は「風が吹いたとて騒ぐに…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも