土砂崩れ、1人連絡取れず 九州南部大雨

有料会員記事

[PR]

 梅雨前線が停滞して記録的な大雨になった九州南部について、気象庁は4日、長雨で地盤が緩み、土砂災害の危険性が一部で高まっているとして、引き続き警戒を呼びかけている。一方、東日本では4日夕にかけ、局地的に激しい雨が降る恐れがある。▼10面=眠れぬ一夜

 降り始めから4日午前までの総雨量は、宮崎県えびの…

この記事は有料会員記事です。残り465文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら