[PR]

 古い映画を見る楽しみの一つに、失われた風景に出会えるということがある。

 1955年製作の川島雄三監督の「銀座二十四帖」に、月丘夢路がいる料亭の前の道で、大坂志郎がイーゼルを立てて写生をしているシーンがある。「この道路の曲がり具合、どこかで見たことがあるぞ」としばらく考えて、築地の東劇の裏の、私が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも