(声)七夕 夫の記憶に刻まれた、笹の小枝

有料会員記事

[PR]

 ■みんなで語ろう 七夕

 無職 高尾みさよ(愛知県 91)

 七夕が近づくと、亡き夫から聞いた話を思い出す。

 夫は尋常小学校4年の時、先生から「明日は七夕だから、笹(ささ)の小枝を持ってくるように」と言われた。学校で「母さんが元気でいられますように」と願い事を書き、笹を肩に担いで家に帰ると、母…

この記事は有料会員記事です。残り302文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら