(声)七夕 すべて平仮名の短冊、切なく

有料会員記事

[PR]

 ■みんなで語ろう 七夕

 農業 市ノ瀬伊久男(和歌山県 72)

 近所のスーパーにササ竹があり、願い事を書いた短冊がいっぱい下がっていた。竹も3本目になっていた。

 今時、どんな願い事があるのだろうとのぞいて見た。お金、健康、進学、恋、スポーツが多かった。その一つに、小さな平仮名ばかりの字で、7…

この記事は有料会員記事です。残り311文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載

この連載の一覧を見る