(コミック)『あした死ぬには、』(1) 雁須磨子〈著〉

有料記事

[PR]

 ■40代の女性の心身の変調、リアルに

 不穏だけど能動的。咄嗟(とっさ)に「ならば、パソコンの整理はしておきたい」などと考えてしまう“自分ごと感”もある。引き寄せられるタイトルだ。

 映画宣伝会社に勤める本奈多子(ほんなさわこ)、42歳。関係各所の調整に同僚のフォローと激務をこなし、独り暮らしのマ…

この記事は有料記事です。残り444文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント