[PR]

 京都のまちを歩くと、「遭難之地」と書かれた碑が多いことに気付く。ここで坂本龍馬が、ここでは佐久間象山が命を奪われたかと足が止まる。刃を交えることと、政治を語ることが背中合わせだった幕末の匂いがある▼時代の証人となる場所や建物に、小さな茶室が加わることになりそうだ。「有待庵(ゆうたいあん)」と呼ばれ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも