[PR]

 2018年3月28日。中学3年だった藤井聡太(そうた)七段(16)=当時六段=の17年度の最終戦が、大阪市福島区の関西将棋会館であった。対戦相手は、日本将棋連盟常務理事の井上慶太九段(55)だった。

 先手の井上が得意の戦型「矢倉(やぐら)」を目指すと、藤井もそれに応じた。終盤に「勝負手(しょうぶ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも