[PR]

 (1面から続く)

 「これからどうするの?」。自宅にひきこもる千葉県の男性(50)に、息子の将来に胸を痛める母が時々、声をかける。体力維持のために散歩をする、障害のある人の活動場所に通うなどの努力はしているが、展望は見えない。

 大切な母には、母の日にカーネーションを贈る。でも、デパートなどで「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも