[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックに備え、東京消防庁が救急車の交換時期を調整し、大会期間中は一時的に台数を増やして対応することがわかった。大会がある7~8月は猛暑で救急出動が増える時期。増車分は選手村や競技会場に配備し、選手や観客らの救護にあたる。

 同庁には今年4月1日現在、259台の救急車があ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも