10歳仲邑初段、最年少勝利 囲碁

有料会員記事

[PR]

 今春、囲碁の史上最年少プロ棋士としてデビューしたばかりの仲邑菫(なかむらすみれ)初段(10)の公式戦第2戦が8日、大阪市北区日本棋院関西総本部であり、田中智恵子四段(67)を破り、公式戦で初勝利をあげた。10歳4カ月での初勝利は最年少記録。

 第23期ドコモ杯女流棋聖戦の予選Bで、白番の仲邑初段…

この記事は有料会員記事です。残り134文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら