[PR]

 原発の耐震対策の前提となる基準地震動の計算方法の見直しについて、九州電力は9日、「計算結果によっては追加の対策工事が必要になるかもしれない」との見解を示した。川内原発(鹿児島県)と玄海原発(佐賀県)が追加の対策を迫られる可能性が高い。

 基準地震動は、活断層や海溝型地震による揺れと、「震源を特定で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも