ホルムズ護衛に有志連合 米方針 日本へ打診の可能性

有料記事

[PR]

 米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長は9日、ホルムズ海峡など中東の海上交通の要衝を航行する船舶の安全を確保するため、同盟国などと有志連合の結成をめざす方針を明らかにした。今後2週間程度で参加国を見極めるとしている。トランプ米大統領は同海峡を渡るタンカーは自国で守るべきだと主張しており、日…

この記事は有料記事です。残り590文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!