[PR]

 今回の選挙戦で憲法を語る時、安倍晋三首相はいら立ちを隠そうとしない。

 3年前の参院選で3分の2の「改憲勢力」を両院で確保したのに、改憲への議論がほとんど進まなかったからだ。与党が「1強」を占める数の力をもってしても、衆参両院の憲法審査会だけは、首相の意のままには動かせなかった。

 「憲法について…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも