[PR]

 夜尿症の治療がなかなかうまくいかなかった東京都の小学6年の男の子(12)にとって、寝ている間に尿が少し出るとアラーム音が知らせてくれる「アラーム療法」がひとつの転機になった。

 飲み薬を減らしながら、この治療を続けるうちに、おねしょ(夜尿〈やにょう〉)の頻度が減ってきた。

 小学5年になった昨春…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも