[PR]

 フランスの国民議会(下院)は9日、フェイスブック(FB)やグーグルなどのIT企業に、ネット上で憎しみや差別をあおる投稿の削除を義務づける法案を賛成多数で可決した。上院第1党の野党共和党もおおむね賛成で、9月にも成立する見通しだ。削除すべき投稿の判断を企業に委ね、怠れば処罰するしくみで、表現の自由を…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも