[PR]

 英国のダロック駐米大使がトランプ米政権を「無能」などと報告する機密公電の内容が報じられた問題で、ダロック大使が10日、辞任した。英外務省が発表した。同氏は公電がリークされ、去就が注目されるようになったことで、「自分がしたいように自分の役割を果たすことが不可能になった」としている。

 辞意を表明する…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも