[PR]

 社会の求めに応じ、国公立大学も変化を続けています。特集の2日目は、18歳人口が減る中で活発になる大学同士の連携例や、平成の30年間で2倍以上に増えた公立大の現状などを紹介します。(増谷文生)

 ■山梨、推進法人化で教育強化へ 若年人口減、大学同士が連携

 国立の山梨大と山梨県立大は5月、県もまじ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも