(声)大叔父の青酸カリ、戦争の記憶

有料会員記事

[PR]

 無職 倉科清(東京都 67)

 私は1951年、今の長野県大町市兼業農家に生まれた。両親と祖母、弟の5人家族で、農繁期には祖母の実弟(私にとって大叔父)が馬や農機を伴い手伝いに来てくれた。大叔父は、旧満州からの引き揚げ者で、重病の一人娘が東京の病院に入院していた。

 東京五輪前後の頃だったろうか…

この記事は有料会員記事です。残り221文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら