[PR]

 参院選の候補に、親しみを感じる国と親しみを感じない国を聞いたところ、おもな与野党の大半が、米国や英国、ドイツなどを挙げる親欧米派だった。中国と韓国に対しては、自民党内に親しみを感じない候補が多い半面、連立を組む公明党は両国に一定の親しみを感じている。

 朝日新聞社と東京大学・谷口将紀研究室が実施し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら