[PR]

 規格外の球速に屈辱を味わい、立ち向かい、強くなってきたのが、盛岡大付だ。「40分間。まっすぐだけ。速いのを引っ張ろう」。6月の練習、関口清治(せいじ)監督(42)が指示を出す。マウンドの打撃マシンは最速170キロ超が出る。164キロ、162キロ……。練習用の重いバットを手に、選手は引っ張る。

 昨…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも