[PR]

 東京電力福島第一原発の事故後、54基あった原発のうち21基が廃炉やその方針を決めた。これを促したのが、原子炉等規制法の改正で6年前に導入された「40年ルール」だ。

 事故の教訓から、設計や設備が古い原発に退場してもらおうと、運転期間を原則40年とし、原子力規制委員会が認めれば1回だけ60年まで延長…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも