[PR]

 ■住み慣れた家で老いる地域社会

 「群島町に暮らしている時、私はしょっちゅう天気のことを考えている」。こんな書き出しで始まる本書は、フィンランドの高齢者ケアを研究する一文化人類学者のフィールドワークの記録である。「群島町」――一万を超える島々からなる町を著者は仮にそう名付ける。島々を隔てる海は冬に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも