[PR]

 終戦から74年目の夏を前に、言葉や音で市井の戦禍を追体験する朗読劇が各地で催される。

 「黒い雨」は広島で被爆した矢須子の悲劇を描いた井伏鱒二の小説が原作だ。ドラマ版にも出演した劇団民芸の奈良岡朋子が、台本を手に独り語りをする。(30日、東京・新宿の紀伊国屋サザンシアターTAKASHIMAYA。電…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも