[PR]

 人間を軽々と上回った囲碁AIの登場は、殊に若手の棋力向上に寄与したといわれる。従来の常識を覆す手を、柔軟な頭脳がしなやかに吸収するというのだ。「AIソムリエ」の異名を持つ関航太郎二段(17)もそのひとり。名人戦予選Aでも、わがものにしたAIの感性を盤上で発揮した。

 昨年、最底辺の予選Cから8連…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも