(天声人語)海の日に

有料会員記事

[PR]

 きょうは海の日である。なぎさや波を描いたあまたの詩歌のなかでも、島崎藤村の「椰子(やし)の実」には独特のロマンがある。〈名も知らぬ遠き島より/流れ寄る椰子の実一つ/故郷(ふるさと)の岸を離れて/汝(なれ)はそも波に幾月(いくつき)〉▼海は、遠い世界とつながっている。流れ着いた椰子の実がもといた場所…

この記事は有料会員記事です。残り484文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載天声人語

この連載の一覧を見る