ISの恐怖、今も イラク・モスル、解放から2年

有料会員記事

[PR]

 過激派組織「イスラム国」(IS)がかつて最重要拠点としていたイラク北部の都市モスル。10日で解放から2年がたった現地に記者が入った。いまだISの存在に苦悩する人たちの姿があった。(モスル=高野裕介)▼4面=疎外される家族

 ■「税」要求拒否、畑焼かれる

 小麦の収穫が終わった7月上旬、モスル郊外…

この記事は有料会員記事です。残り1143文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら