老衰、死因の3位に 脳血管疾患を抜く 厚労省統計

有料記事

[PR]

 老衰で亡くなる人が増えている。国内で2018年に亡くなった人のうち、「老衰」による死者数が約11万人となり、脳梗塞(こうそく)などの「脳血管疾患」を抜いて死因の3位になった。90歳以上の超高齢者が多くなっていることが主な要因と考えられる。

 厚生労働省の人口動態統計でわかった。老衰はほかに死亡の原…

この記事は有料記事です。残り489文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント