[PR]

 風景にせよ人物にせよ、絵を描くためには光が欠かせない。その光と、光によって生まれる影をどう表現するかは、古今東西の画家にとって重要なテーマであり続けている。

 その中にあって、この絵はかなり特異な表現を見せているといっていい。場所は江戸時代の湯屋。湯上がりの女性の上を斜めに横切る黒い直線の帯は、い…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも