[PR]

 週明け15日のニューヨーク株式市場は、大企業でつくるダウ工業株平均が小幅に続伸し、3営業日連続で史上最高値を塗り替えた。終値は前週末比27・13ドル(0・10%)高い2万7359・16ドルだった。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が今月末に利下げに動くとの期待が、引き続き相場を下支えしている。一方…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも