[PR]

 ■片づけで見つける自らの生き方

 長い不況下の2000年、年明け。ユニクロのフリースは売れ続け、百円均一のダイソーは店も売り上げも急増していた。安くても、いいモノ、便利なモノがあふれていた。

 出版社勤務を経て独立した辰巳渚さんは、古巣の宝島社に本の企画書を持ち込んだ。バブル期から10年以上マー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら