[PR]

 日常を淡々と描きながら、どこかしら不穏な空気がただよう。ユーモアと、切実さと。デビュー以来の持ち味だ。「変なもの、怪しいものを書こうと意識しているわけじゃないんですが、自然とそうなってしまうんです」

 受賞作は、ホテルで清掃の仕事をする「わたし」が、近所に住む「むらさきのスカートの女」に奇妙なまで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも