[PR]

 ラインアップは、95歳のいまも旺盛な執筆を続ける外山滋比古・お茶の水女子大名誉教授著「老いの練習帳」。老いや世の中の変化を受け入れ、淡々かつ快活に生きるための思考法と生活習慣を伝授します▽授業崩壊の現場を緻密(ちみつ)に描写し、貧困や教育行政の問題をあぶり出し、公教育の再生を探る朝比奈なを著「ルポ 教育困難校」▽各務晶久著「職場の紛争学」▽榎本博明著「50歳からのむなしさの心理学」。

 4冊とも853円。好評発売中です。お求めは書店、ASA(朝日新聞販売所)、または朝日新聞出版のウェブサイト(https://publications.asahi.com/別ウインドウで開きます)から。

こんなニュースも