[PR]

 野木萌葱の新作「骨と十字架」を小川絵梨子が演出した。カトリック神父でありながら北京原人の発見に携わったフランスの古生物学者テイヤールをめぐる評伝風論争劇だ。

 神が人を造ったとする旧約聖書の教えと、ダーウィンの進化論という相反するものを統合しようとした人、らしい。分断を超えてつながりを重視し総合化…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも