壊れるもの残るもの、問う継続性 モンペリエ・ダンスフェスティバルを見て 舞踊評論家・乗越たかお寄稿

有料会員記事

[PR]

 フランスを代表するモンペリエ・ダンスフェスティバルが39回目を迎え、約2週間にわたって様々なプログラムが行われた。世界のダンスフェスの草分け的存在で、多くの才能を輩出してきた老舗フェスだ。

 今回は、日本文化に材を取ったカミーユ・ボワテルの世界初演作「間(ma, aida…)」が注目を集めた。ボワ…

この記事は有料会員記事です。残り555文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら