ゴーン被告、解雇不当と提訴 オランダで、日産と三菱自を

有料記事

[PR]

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が、オランダにあった同社と三菱自動車の統括会社から不当に解雇されたとして、日産と三菱自に対し、1500万ユーロ(約18億円)を請求する訴えをアムステルダムの裁判所に起こしていたことがわかった。17日、仏紙フィガロ(電子版)が報じた。

 統括会社「日産・三菱BV…

この記事は有料記事です。残り114文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!