「八月の歌」優秀賞に10首

[PR]

 平和への思いを詠んだ短歌コンクール「八月の歌」(朝日新聞社主催、岐阜県高山市共催、高山市教育委員会後援)の優秀賞10首と奨励賞45首が決まった。今年で11回目。一般の部に443首、中学・高校の部に1538首の合わせて1981首の応募があった。フランス平和活動に取り組む歌人、美帆シボさんが選考した。表彰式は8月11日に高山市で開かれる。

 優秀賞は次の通り。(敬称略、50音順)

 【一般の部】

「オトウサンハ モウオウマニハナレマセンガ…」知覧(ちらん)の遺書のあとは読めない(岐阜市)榎並千鶴子

出典は万葉集という令和 あらためて読む防人(さきもり)の歌(埼玉県入間市)忍足良夫

紛争で敵国となりし者同士ジョークを交わす日本語教室(津市)柘植欽也

助けたい命のビザを二千通 千畝(ちうね)のペンは今も光りて(宮城県蔵王町)中松伴子

軍鳩(ぐんきゅう)の慰霊碑前で遊ぶ子ら鳩も戦(いくさ)に出た時代あり(千葉県柏市)福川敏機

 【中学・高校の部】

糸満の空を見上げる七千本 向日葵(ひまわり)静かに犠牲者偲(しの)ぶ(名古屋市・名古屋高2年)久保木慧

亡き友の衣類重ね着て耐え抜いた帰還兵の口数少なし(北海道江別市立命館慶祥中1年)小松さくら

シリアから来た難民の青年は被爆ピアノで平和奏でる(名古屋市・金城学院高3年)中村桃子

原爆への思い語りて去る背中 昨年よりも小さくなりぬ(岐阜県・高山市立荘川中3年)水尻心

願おうよ怖い戦(いくさ)の命令も号令もない令和の世界(仙台市立吉成中2年)横溝惺哉

 (奨励賞はデジタル版で)