[PR]

 映画の話とは限らないのだが、ひとたび大ヒット作や傑作をものした作家は、常に同等もしくはそれ以上の作品を期待される。

 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「フォレスト・ガンプ 一期一会」の監督、ロバート・ゼメキスの最新作である。久しぶりのファンタジー、期待するなというほうが無理だ。

 いかにもゼメキ…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも