「選挙区」「若者」狙って広告 IPアドレス、位置情報活用 参院選

有料会員記事

[PR]

 ネットの閲覧記録やスマホを通じた位置情報などから、利用者が興味を持ちそうな商品を薦める「ターゲティング広告」。同じ手法が、参院選にも応用されている。候補者が地元選挙区の有権者にアピールしたり、選挙管理委員会が若者に向けて投票を呼びかけたり。効率的な関心の掘り起こしにつながるか。

 「選挙ドットコム…

この記事は有料会員記事です。残り582文字有料会員になると続きをお読みいただけます。