軍事か財政、支援要請 米、60カ国以上に説明 「有志連合」 日本、対応検討へ

有料会員記事

[PR]

 米政府は19日、ホルムズ海峡など中東海域の船舶の安全を確保する「有志連合」構想について、日本など60カ国以上をワシントンの国務省に招いて説明会を開き、「有志連合」への参加を求めた。出席国によると、米政府は艦船派遣や資金援助を求め、25日に開く次回会合で詳細を協議するという。対立を深めるイランの包囲…

この記事は有料会員記事です。残り880文字有料会員になると続きをお読みいただけます。