[PR]

 21日投開票の参院選で、自民、公明の与党が堅調な戦いぶりをみせた。下支えしたのは、「外交」「震災復興」など安倍政権の6年半を評価する声だ。攻めきれなかった野党も、立憲民主の伸長や、れいわ新選組の議席獲得など新たな動きが芽生えつつある。

 東京・永田町の自民党本部。午後9時45分ごろ、党総裁の安倍…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも