[PR]

 急性肝不全(劇症肝炎)の患者の体内では免疫の働きを抑える「形質細胞様樹状細胞」の数が減っていることを、慶応大のチームがつきとめた。米医学誌に研究成果を発表した。治療法の開発や早期診断に役立つ可能性があるという。

 急性肝不全はウイルスなどが原因で肝炎になった患者の約1%が発症し、体内の有毒物質を分…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも