[PR]

 消費増税の是非が問われた参院選が終わったが、税のありようは常に「争点」だ。「血税」とも呼ばれる税金。せっかくなら納得して支払いたい。あるべき税の姿とは。

 ■尊厳ある生活を守るお金 伊藤恭彦さん(名古屋市立大学副学長)

 人々の「支え合い」を制度化した仕組みが政府で、その活動を可能にするためのお…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも